映画・ドラマのおはなし

シュワの、戦わない映画。

きのこはシュワが好き。
アノルドシュワ。

シュワといえば、
やっぱり、戦うのがお仕事みたいなとこある。

でも、最近の、戦わない、
グッと抑えた渋めシュワがとてもいい。

2014年の『マギー』と、
2017年の『アフターマス』がそれ。

マギー』は、ゾンビ化していく娘ちゃんを、
どうしたらいいか悩むシュワのお話。

アフターマス』は、航空事故で家族を亡くしたシュワが、
事故を起こしたパイロット、許せない、というお話。

どちらも、初老のシュワが、
ひとりきりで、
自分の中にある矛盾する感情を、
どうやってどんなふうに処理していくか、
眉間のシワとともに見せつけてくる映画。

最後まで悩むシュワと、
一緒に悩みながら進んでいく映画。

シュワの演技は言葉が少ない。
セリフが少ない、じゃなくて、
演技から伝わってくる言葉が少ない。
言葉じゃなくて、
シュワの感情がそのまま伝わってくるみたいな、
そんな演技。

戦わないシュワからは、
悩んで苦しむその「つらさ」が、
ダイレクトに伝わってきちゃう。

わぁ……シュワが悩んでる……
わぁ……シュワが絶望してる……
わぁ……シュワ、どうでもよくなってる……

パンッパンの強い筋肉があっても、
人生の苦悩は無くならないんだな……

そんな戦わないシュワが、
戦うシュワに混在する、
戦うけど部分的に戦わない、
そんなニュータイプシュワが登場、
それが『ターミネーター:ニューフェイト』。

ターミネーターがやってきたあの日から、35年。
こんな新しいT-800に会えるとは。

戦わずにしばらく暮らしてきたT-800。

まさか T−800がこんな風になるなんて。
まぁ、最終的には戦うんだけどね。

シュワと一緒に、
随分長い時間を過ごしてきたんだなぁ、って、
感慨深くなっちゃうなぁ、っていうお話し。

シュワっていいな。

(連呼したくなる日本語、シュワ。)

マギー
2015年 アメリカ
監督 ヘンリー・ホブソン
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー、アビゲイル・ブレスリン

アフターマス
2017年 アメリカ
監督 エリオット・レスター
出演 アーノルド・シュワルツェネッガー、スクート・マクネイリー

ターミネーター:ニュー・フェイト
2019年 アメリカ
監督 ティム・ミラー
出演 リンダ・ハミルトン、アーノルド・シュワルツェネッガー、マッケンジー・デイヴィス

ABOUT ME
きのこ
きのこ
本と映画とゲームとフィギュアと雑貨と……とにかくいろんなものが好き。 植物もちょっと育てます。 日常的なことは、おもにTwitterでつぶやいてます。