文房具のおはなし

ほぼ日手帳に、再挑戦。

きのこです。

先日、ほぼ日avecを手に入れてから、
数年ぶりに手帳熱が高まってます。

以前の手帳熱は、
ネットで見るみんなみたいに、
かわいく書くの、無理だな、って、
思って、しばらく鎮火してました。

絵心もない、字もかわいくない、
それを補うマメさもない、
ということで、
手帳には必要なことだけが、
ぽつりぽつりと書かれるだけに。

でもさー、
かわいい手帳、
わたしも作ってみたい。

せっかくほぼ日買ったんだし、
またやってみようかな。

まず手始めに、
今日は、道具の確認をしてみましょう。

ほぼ日のおすすめのペン

ほぼ日手帳の基本。

紙(トモエリバー)が薄い。
大人気ボールペン、JETSTREAMで書いた文字は、
数年で見るも無残に滲む。
ハンコ、スタンプ類は、
基本的には裏抜けする。

線用のペンと、塗り用のカラーペンは、
みんなの口コミも参考に選んだ、
以前のほぼ日生活で使っていたペンが、
こんな感じ。

滲まず、裏抜けしない。

塗り用、カラーペン

ライナーと、筆タイプのペン。
筆タイプのペンって、
絵心がない人には難しいけど、
呉竹のこのペンは、筆にコシがあって、
慎重に使えば、きれいに書ける。
多少の練習は必要だけどね。

線用、文字用のペン

どれも使ってる人が多くて、
評判のいい滲みが少ないペン。

テンプレート

不器用さんの味方、テンプレート。

左から、時計まわりに、
ほぼ日、Rollbahn、Rollbahn、トラベラーズカンパニー、
トラベラーズカンパニー、Rollbahn。

自力で小さなアイコンも上手に書けない、
不器用さんの強い味方。

失敗の少ない書き方は、
直接ペンを突っ込んで書かずに、
シャーペンで一度、下書きをして、
ペンでなぞる。

このひと手間をかけると、
好きなペンで上手に書ける。

色を付けるときなんだけど、
これはいま、
わたしもちょっと困ってる。

上で紹介した線画用のペン、
どれを使っても、
色を塗るときには線が滲んじゃう。

たぶん、しっかり乾かさずに、
カラーを塗っちゃうからなんじゃないかと思うけど、
線画を乾かすのを待つのって、面倒じゃない?
ためしに5分ぐらい待ってみたんだけど、
全部滲む。
30分待ってみたら、
pigment linerだけが滲まなかった。

面倒だなぁ、
これは面倒だ。
それなら、テンプレート使ったものとかなら、
先に色を塗っちゃう。

あとから、線画を書く。

これの方が短い時間で書けると思うんだ。

かわいく手帳とか作りこんでる人って、
みんなちゃんと乾かしたり、
手間暇をしっかりかけてるんだろうな。

すぐにあれができるようにはならないから、
手元にあるお道具たちとともに、
少しずつ、挑戦していく所存です。

ABOUT ME
きのこ
きのこ
本と映画とゲームとフィギュアと雑貨と……とにかくいろんなものが好き。 植物もちょっと育てます。 日常的なことは、おもにTwitterでつぶやいてます。