マンガのおはなし

面白い音楽マンガ、あります

たけのこです。

音楽マンガが好きです。
音のないマンガで、想像させたり、
雰囲気を作ったり、目で見させたり。

素晴らしい。
大好き。

バンド、アイドル、クラシック。
いろんなジャンルがありますが、
一旦、音楽マンガというジャンルでまとめます。

というわけで、たけのこがおすすめを紹介します。
順不同、古い作品も含めちゃいます!

3(THREE) 全14巻

created by Rinker
¥462 (2021/05/09 18:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

たけのこの音楽マンガ好きの原点はたぶんこれ。
男女、恋愛、音楽となると、
ある程度内容を予想できそうだけど、
このマンガは確実に予想を裏切ります。

音楽に賭ける理乃と圭。

学生時代も卒業してからも、
大体問題だらけです。

アイドル崩れでいまいちインパクトが足りない。
ギターと歌はうまいけど、コミュ障気味。
メンタルは弱いし、すぐにいじける。

だけど節目で良いシーンがあるんです。

圭が歌った時、
理乃が自分の声を見つけた時、
ふたりが一緒に歌った時、
全てのシーンでトリハダがたちますね。

大切な人との出会いと別れ。
それぞれの道と選択と成長。
すれ違い続けるふたり。

ただの恋愛で終わらないし、
泣けるだけなわけでもない。

ぜひとも最後まで読んで欲しい。
惣領冬実作品で一番好きかも。

BLUE GIANT 全10巻

created by Rinker
¥660 (2021/05/09 18:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

主人公、宮本大がジャズに魅了され、
ひたすらサックスの練習をし続ける。
もうね、想像以上に練習だらけ。

いつも河原。
常に河原。

体育会系というか、少年誌系というか、
努力、努力、努力、友情なマンガ。

そんなに練習ばっかりだけど、
本当に大はサックスが上手いのかが、
実はなかなか分からない。

師匠との出会い。
初めてのセッション。
初めての仲間。
初めてのLIVE。

泥臭い努力で少しずつ前に進む。
そして掴むチャンス、そして結末。
この結末が予想外で……。

これは言ってはいけない結末。

シックスセンス並みにダメなので、
気になる人は読んでください。

現在は続編BLUE GIANT SUPREMEが連載中です。

四月は君の嘘 全11巻


以前も紹介しましたが、再掲載です。
それほどオススメなんです。

ピアニストだった公生とヴァイオリニストかをり。
母の死と思い出がトラウマになり、
ピアノの音が聞こえなくなってしまった公生。

このトラウマのフラッシュバック、
下手なホラー映画よりキツイです。

その公生に再びピアノを弾かせたい、かをり。
かなり強引に弾かせようとする。
でも一筋縄ではいかないから脅しにかかる。

そんなふたりを中心に物語は進みます。

公生の幼馴染、
良い奴、男前、スポーツ万能の渡。
男勝りで勝気、いつも明るい椿。
ふたりは常に公生の味方。

そこに飛び込み、公生にだけ傍若無人に振る舞うかをり。
かき回すようでうまく溶け込み、
新しい4人での関係が始まりだす。

優しい人が多く出てくる作品だけど、
トラウマに囚われ続ける公生の姿はキツイ。

そして急展開からのクライマックス。
1つだけついた嘘。
まあ、泣きますよこれは。

ピアノの森 全26巻


海と修平、両極端なふたりの物語。

ピアニストを目指して小さい頃から英才教育。
父もピアニストの修平。
正直言って感じ悪い。

貧困街出身で母子家庭。
森にあるピアノが小さい頃からの友達の海。
汚らしくてケンカばっかり。

生まれも育ちもピアノの質も違うふたりが、
競い合いながらも励まし合い、
嫉妬しながらも応援しつつ、
周りの大人たちに支えられながら成長する。

よくある話のようだけど、
他の作品と違うのは作者。

一色まこと作品らしい独特の空気。
下ネタももちろんたっぷり。
ダメな大人もたくさん出てくるし、
おバカな人もたくさん出てくる。

長編ですが最後まで飽きずに楽しめます。
と言いたいけど、少し中だるみもする。

でも豊富なキャラが程よく絡んで、
良い終わり方だったなと素直に思える。

BECK 全34巻


平凡な主人公コユキ。
ちゃらんぽらんな天才ギタリスト竜介と出会い、
ギターとロックに目覚める。

帰国子女で日本語が不自由で釣り堀に祖母と住む。
詰め込み過ぎなキャラ設定の竜介は、
その後もさらに設定を詰め込まれる。

バンドメンバーはコユキ、竜介、平、千葉、サク。
世渡りが下手だけど素晴らしいメンバー揃い。

コユキとサク以外はリア充。
でも気付けばふたりもリア充に。
バンドマンはマンガでもモテる。
マンガだとモテるのか?

世渡りが下手だし運も悪いから、
嫌がらせもされるし、上手くいかない事だらけ。
それらを乗り越えながら成功を目指す。

このマンガは悪い人が本当にいやらしい。
ねちねちした小物がいつまでも出てきて、
ずーっと嫌がらせをしてくるのが本当にイラつく。
だけどそれを上回る魅力がたっぷり。

ハロルド作石のギャグとノリ。
メンバーのキャラの濃さと背景。
竜介のギターとそれにまつわる話。
なによりコユキのヴォーカルとしての能力。

音も歌も聞こえないのにトリハダが立つ。
素晴らしいシーンが多くて何度も読む。
そんな経験を味わえる、
近年の音楽マンガとしてトップレベルの作品。

読んでない人にはぜひとも読んで欲しい。

アニメ化も実写化もされています。
個人的にはBECKの音もコユキの声も、
実体化して欲しくないので見ていませんが、
興味のある方は見てみるのもいいかもしれません。

プライド 全12巻


このマンガは一条ゆかり作品です。

これだけ言っておけばある程度は分かるはず。
主人公はオペラ歌手を目指す金持ちの娘、史緒。
だけど親の会社は倒産。
それでも頑張ってオペラ歌手を目指します。

でもそうは言っても元お金持ち。
顔は売れてるし、有利な事は多いです。

そこに現れるライバル、萌。
かつて史緒の家にハウスキーパーで働き、
嫌な思いをした経験を決して忘れない。

バイトしながらオペラ歌手を目指す萌。
史緒の事が気に入らなくて仕方ない。
そりゃあうらやましいですよ。

そんなふたりの女性のプライドをかけた戦いが、
ぐちゃぐちゃ、ドロドロと描かれる。
一条ゆかり作品らしい、これぞ女VS女。

そんなふたりの争いを、
そっちの形に持って行くかー、
そんな展開にするストーリー。

そしてふたりの歌声の素晴らしさが、
絵から伝わってくるような描き方。

さすがは一条ゆかりです。

のだめカンタービレ 全25巻


アニメ化、実写化も成功した、
音楽マンガとしては珍しい作品。

上野樹里ののだめが素晴らしかった。

指揮者を目指すエリート音大生、千秋。
才能はあるけどダメダメな、のだめ。

その才能を無駄にするのが許せない千秋が、
のだめをなんとか操りながら、操られながら、
苦戦し続け、自分も影響され、
ペースを乱されながらも必死で頑張る。

エリートが失敗するのも、
ダメな人のダメさを見るのも楽しんじゃう。

笑いと涙、笑いと感動の物語です。

知ってるけど、読んだ事はない。
そんな人も多いと思うので、
この機会に読んでみてもらいたいですね。
マンガにはマンガの良さがあります。

多くの作品を紹介しました。
たけのことしてはハズレなしの作品だらけです。

たけのこ自身はギターも弾けませんし、
ピアノの経験もありません。
縦笛ぐらいなものです。

でも、聞くのは好きだし、
聞かなくても読むのも好きです。
音楽マンガ、気に入ってもらえると嬉しいです。

ABOUT ME
たけのこ
たけのこ
ゲームとマンガとサッカーと美味しいものが大好きです。 カレーとラーメンは別腹です。 Twitterでは漫画の感想と紹介を書いてます。