たけのこが書いた

好きなサッカー選手はゾラです。

たけのこです。

一番好きなサッカー選手は、
ジャンフランコ・ゾラです。
ゾラについて語るだけ語ります。

好きなサッカー選手はたくさんいます。
バッジォ、マラドーナ、ハジ、ロシツキー、
レコバ、エジル、ベルカンプ、サネッティ。
終わらないのでこの辺にしますが、
一番はゾラです。
これは一生変わりません。

たけのこがサッカーを本気で見出した、
その時に一番好きになったのがゾラでした。
そしてパルマというチームを応援しました。

マラドーナの全盛期の記憶は断片的で、
どちらかというと英雄なんです。

そのマラドーナにナポリ時代に指導を受け、
プレーとFKに磨きをかけ、
パルマに移籍したのが1993年でした。

ちょうどその頃から、
たけのこは本格的にサッカーを見出しました。
毎週1試合だけWOWOWでセリエAが放送される。
それだけが楽しみでした。

今はスカパー、WOWOW、そしてDAZN。
様々なサービスで各国リーグの試合がたくさん見れます。
ですがあの頃は毎週1試合のみ。
嫌いなチームの試合だけだったりしたんです。

当時はACミラン黄金期。
無敗優勝後の円熟味を増したチーム。

モラッティが会長に就任する直前のインテル。
バッジォの好不調が結果に直結するユヴェントス。
一瞬の輝きを見せたサンプドリア。
シニョーリとガスコインのラツィオ。
トッティが出てくる前、ジャンニー二率いるローマ。

セリエAが輝いていた時代に、
アスプリージャ、Dバッジォ、ミノッティ、ブロリン、
アポローニ、ベナリーヴォ、ムッシ、ディキアラ。
そんなメンバーでスクデットを目指して戦っていました。

アスプリージャとの2トップは、
常にたけのこをワクワクさせてくれたし、
PA付近のFKは常にゴールを予感させてくれました。

そして迎えた94年、アメリカW杯。

当時、全盛期を迎えていたロベルト・バッジォ。
怪我をしていましたが絶対的なエース。
たけのこも大好きでしたし、
実際この大会はバッジォの大会でした。

決勝のPKを含めて……。

多くの人は知らない、覚えてないでしょうが、
この時に全盛期を迎えていたのはゾラも一緒なんです。
むしろ予選では怪我をしていたバッジォの代わりに、
チームを引っ張り、W杯出場の原動力だったんです。

ですが本大会ではバッジォが戻ってきていましたし、
ポジション、プレースタイルが似過ぎているゾラは、
完全にサブ扱いでした。

そんなゾラに、出場機会が訪れたのは、
ゾラの誕生日7月5日、決勝トーナメント1回戦。
ナイジェリア戦の後半でした。

初めてのワールドカップ、初めての出番。
しかも誕生日ですからね。
たけのこの興奮は最高潮に達しました。

10分間だけ。

気合の入ったゾラはファール気味に奪われた後、
すぐに切り替えてボールを奪い返します。
よし、これはチャンスになる。

そう思った時になぜか吹かれる笛、
え、今のがファール?怒るたけのこ、
駆け寄る主審の手には赤い紙。

出典:www.youtube.com

ゾラの人生最初で最後のワールドカップは、
この瞬間に終わりました。
たけのこは今でも誤審だと思っていますし、
ゾラ本人も後のインタビューで納得していませんでした。

失意の中、帰国したゾラでしたが、
翌シーズンにはUEFA杯を制覇。
パルマの黄金期を築きました。

そして96年のユーロではイタリア代表のエースとして出場。
しかしグループリーグ最終戦のドイツ戦、
PKを失敗してグループリーグ敗退の戦犯になってしまいます。

代表には縁がない……そう思ったのを覚えています。

この頃のゾラはPKの失敗が意外と多く、
「PKの時もFKの時のように壁が欲しい」
そう言ったのはこの頃だったと思います。

それが「PKよりもFKの方が簡単」という、
ゾラの代表的なセリフ扱いされてしまいましたが、
たけのことしてはそれもアリだと思っています。

それほどゾラのFKは素晴らしかったし、
ゾラ自身、マラドーナに教わったというFKには、
絶大な自信を持っていましたから。

この頃のパルマは強豪チームの仲間入りを果たし、
W杯得点王のストイチコフを獲得したり、
若干17歳のデビュー戦でACミランを完封するGK、
ジャンルイジ・ブッフォンが現れたりと、
スクデットがすぐそこに見えていたんです。

ですが翌シーズン、パルマの新監督に就任した、
憎きアンチェロッティとの確執で干されてしまい、
当時のイタリア人では珍しい他国への移籍。

たけのこのパルマへの愛と情熱は、
一気に消し飛んでしまいました。

今でもたけのこはアンチェロッティが嫌いです。

チェルシーではタイトルの獲得を含め大活躍。
サポーターからは絶大な支持を受けました。
レジェンドとして名前が挙がるのがよく分かります。

カリアリへの移籍が決まった後、
新オーナーのアブラモビッチから多額の給与、
なんならカリアリごと買収するとまで言われたそうですが、
故郷サルデニャのカリアリでのプレーを選択。
ゾラの人柄がよく分かるエピソードです。

そんなゾラはカリアリをセリエAに昇格させ、
2005年に選手を引退し、指導者の道へ。
指導者としては実績を残せていませんが、
まだまだこれからに期待しています。

たけのこがゾラに出会い、
ゾラのプレーを見ていた時間より、
引退後の方が長くなってしまいました。

少し寂しい気もしますが、
今もサッカーは面白いし、
好きな選手はたくさんいます。

いつかゾラが監督として、
ワールドカップ優勝を果たす日がくるのを、
たけのこは夢見ながら、今日もサッカー観戦です。

ABOUT ME
たけのこ
たけのこ
ゲームとマンガとサッカーと美味しいものが大好きです。 カレーとラーメンは別腹です。 Twitterでは漫画の感想と紹介を書いてます。