マンガのおはなし

10月に読んだ、おすすめマンガ

たけのこです。
10月も面白いマンガをたくさん読みました。
まとめて一気に感想と紹介をしたいと思います。

10月発売の作品を中心に書きますが、
多少の前後や、急に古い作品も出たりしますが、
そのあたりはご了承ください。

マッシュル 3巻


魔法が使えない筋肉バカ、マッシュル。
楽しい魔法学校生活は今回もシュークリームが美味しそう。
スリザリ…いやいや、レアン寮の生徒との戦いが激しくなる中、
シュールなギャグは相変わらず健在でほっこりする。

アズカバンによく似た監獄が出てきたり、
見慣れた感じが読みやすくて良いよね!
今回はレモンが部屋に入ってきた時の、
男4人に私1人…ケダモノー!がすごい好きだった。

安定した面白さで4巻にも期待してます。

往生際の意味を知れ 2巻


7年前に1ヶ月だけ付き合って別れた元カノ日和。
未だに日和が好き過ぎて忘れられない主人公の市松。
突然現れた日和の話と要求がぶっ飛び過ぎててスゴい。

2巻では謎が色々解けてくる。
なぜ子供が欲しいのか、なぜ市松なのか、なぜ結婚も認知もしないのか。
少しの謎は残るけど大体分かった気がする。
短い間で展開が早いだけに3巻からどうなるかが気になるし楽しみ。

市松が元カノに執着する話だと思ったら微妙に違って、
良い意味で裏切られたのは嬉しい。

BEASTARS 21巻


レゴシとメロンの最終決戦が始まる。
同じ頃のルイの記者会見での爆弾発言で町は大混乱。
その混乱中でも秩序が守られる嬉しい誤算。
普段は気付かない所までしっかり根付く肉食獣と草食獣の絆。
ゴーシャ一言のおかげでヤフヤもそれに気づく。

レゴシとメロンの対決はレゴシは劣勢。
死への恐怖を知ったレゴシの変化と最後に出てきた謎の獣。
次の最終巻に向けて盛り上げてきた感じがする。
本当に終わってしまうの?と思いつつ、
最終巻に期待したい。

余談ですが、作者の父・板垣恵介さんがバキの連載を始め、
バキの連載が終わらない間に娘の板垣巴留さんが産まれ、
BEASTARSの連載が始まり、最終回を迎えたようです。

セクシー田中さん 3巻


相変わらず面白い。
むしろどんどん面白くなってる気がする。
今回は四十肩に悩む田中さんと笙野の関係と、
田中さんのためにと張り切り過ぎて色々空回りする朱里の話が多い。

大きく変わる田中さんと朱里。
少しずつ変わっていく笙野。
なかなか変われない、朱里の元カレ進吾。
変わらない人との歪みが出てくるかな?

面白いだけじゃなくて深い。
題名で避けている人がいたらぜひ読んで欲しい。

応天の門 13巻

created by Rinker
¥535 (2021/10/21 19:45:47時点 Amazon調べ-詳細)

特に何も起きない13巻。
今までの話とこれからの話の息抜きなのかな?
ちょっとした短編といった感じ。
最後の最後に業平が巻き込まれるのを匂わせて、次巻に続く。

ちょっと何もなさ過ぎて拍子抜けしてしまった。
でもこのマンガはもっと面白いはず。
14巻での新しい話に期待。

おかえりアリス 1巻


押見修造の最新作は期待通りの不穏さが詰まってて素晴らしい。
中心になるのは幼馴染み3人の男男女。
それが男女と「男を降りた」の3人に。

1巻は大満足の内容。
男を降りたけど、女になりたいわけじゃない。
ジェンダー、性欲、性嗜好。
性をテーマにした新しい押見修造の世界、
これは先が楽しみです。

ちはやふる 45巻

created by Rinker
¥462 (2021/10/21 19:45:48時点 Amazon調べ-詳細)

2連敗で後がない千早と2連勝であとひとつの新。
追い込まれた?それとも追い込んだ?
それぞれの思いが詰まった第3戦が始まる。

支える人、支えられる人。
自分が今できる事は応援なのか努力なのか。
それぞれの思いが交錯する大事な局面。

あのあっさり終わった千早と新の大事な試合を、
この時のために使ったのなら、
あの時の怒りも許せそうな気がしてきた。
そして最後は大号泣です、これはもう仕方ない。

ここまで話が進んでいるのに、
結末が見えてこないのがまた面白い。

差配さん


少し前に発売された作品。
江戸の庶民と猫の暮らしを見守り、
悩みを解決してくれる差配さん(猫)の話。

誰が人間で、誰が猫なのか。
この人は猫?
混乱させるように上手く描いてあって、
その混乱も面白い。

短編8話が収録してあり、
読み応えはあるし泣けるしでおすすめ。

赤白つるばみ・裏


楠本まきの作品は名作が多いですが、
この作品はジェンダーバイアスとフェミニズムについて学べる、
素晴らしい作品だったし、
男女問わず全ての人に読んで欲しいと思う。

印象に残ったセリフはたくさんあるんだけど、
結婚したい理由は「ちょっとでも別れにくくするため」
あえてこれをあげておきたい。

自分は差別意識がないと思っている人、
是非とも読んでみましょう。

結婚してあげる、結婚してもらう。
普段使っている些細な言葉ですが、
本当に差別意識はないと言い切れますか?

少し圧が強いですが、
読んで良かったと言えるマンガでした。

楠本まきのマンガは装丁が美しいので、
単行本での購入をオススメしたいですね。

1 2 3
ABOUT ME
たけのこ
たけのこ
マンガとゲームとサッカーと美味しいものが大好きです。 マンガの感想と紹介をまとめたページはこちらをご覧ください。