雑貨のおはなし

コリンシアン、洗ってみた。

たけのこです。

以前紹介したサッカーフィギュア、コリンシアン。
思う存分、自慢させてもらいました。

引き続き紹介しようと思ったのですが、
たけのこ自慢の1品、ロベルト・マンチーニが、
あまりにも汚れていたので躊躇していました。

そこで少し調べたところ、
ぬるま湯に中性洗剤でつけておき、
汚れを浮かして軽くこすると良い。
そんな情報を見つけたので試してみました。

洗剤につけられるマンチーニ
綿棒で掃除されるマンチーニ

そして生まれ変わったマンチーニがコレ。

なんということでしょう!
喫煙時代のたけのこの部屋にいたばかりに、
ヤニの汚れが酷かったマンチーニが、
すっかりキレイに!

比べてみたら一目瞭然ですね!

このマンチーニがなぜ自慢かというと、
イタリア土産なんです。
そしてどうやら国内販売していない、
レア物らしいと噂で聞きました。
本当かは知りません。

現役時代のマンチーニ、大好きでした。
ミハイロビッチのCKをニアで合わせるのと、
難しいボールをボレーで蹴るのは世界一だった。
たけのこはそう思っています。

そしてサンプドリアでのスクデット獲得。
偉大なるミスターサンプドリア。
意地でも守備はしない。

そんなマンチーニはインテルの監督としても活躍。
国内3連覇を達成しました。
たけのこは当時、熱烈なインテリスタでしたので、
最高にうれしかったのを今でも思い出します。

そんな事を思い出しながら、
たけのこのインテルコレクション。

まずはマテウスとクリンスマン。
本当はブレーメも欲しいんですが、
手に入りませんでした。
この頃のドイツ代表も好きでしたね。

モラッティ会長時代の暗黒期。
結果が出ないチームも好きでした。
中でもレコバ、サネッティは最高。
マルティンスのスピードにはびっくり。
夢しかないチームが毎年出来上がる。
そんな時代だったと思います。

まさかのスクデット獲得からの黄金期。
コルドバ、カンビアッソ、サネッティ、
チブ、カンナヴァーロ、グロッソ。
もちろんエトーやミリートも欲しいんですが、
手元にあるのはこんな感じです。

ベルゴミ、ベルティ、パリューカ、
他にも忘れられない、欲しい選手がたくさん。

その後、モラッティが退き、
セリエAが衰退した頃には、
たけのこのインテル愛も冷めていってしまいました。
ですがこのコリンシアンを見ると、
当時を思い出して楽しいですね。

それ以外にもせっかくなので紹介します。

ジャンフランコ・ゾラ

たけのこ史に残る大好きな選手。
FKの魔術師がパルマにいた頃から大好き。
イタリア代表では結果は残せませんでしたが、
当時は珍しいプレミアリーグへ移籍し、
チェルシーのレジェンド級の活躍、
故郷のカリアリで引退しました。

指導者としての活躍に期待してるんですが、
どうにもパッとしないのが残念です。

ロベルト・バッジォ

元祖ファンタジスタ。
フィオレンティーナ時代とブレシア時代しか持ってない。
インテル時代とイタリア代表、ユベントス時代、
絶対欲しいのになぜか持ってないんです。

ポニーテール姿も白髪姿もカッコよかったし、
全てのプレーに魅了されました。

実はたけのこ、サインもしてもらったし、
一緒に写真も撮ってもらった事があります。
これは本気で自慢です。

ルーマニア代表

94年W杯での大躍進。
ハジを中心としたカウンターサッカーは、
たけのこの心を掴みました。
ペトレスクを買えたのは嬉しかったし、
ハジの後の世代、ジャンキーのムトゥと、
インテルでも活躍したチブ。

近年はいまいちですが、
ハジの息子が蘇らせるのを期待しています。

チェコ代表

ネドベドの活躍でユーロで躍進。
たけのこが好きなのはそのちょっと後、
ロシツキーが中心になってからです。
スミチェルとヤンクロフスキーも好き。
コラーとバロシュも欲しい。

ロシツキーの引退後は、
こちらもパッとしません。
復活を待ちます。

コリンシアンを洗った話から、
ただのコリンシアン自慢になりました。

これからはこれより小さい、
ミニチュアーズやマイクロスターズを集めるつもりなので、
ある程度集まったらまた自慢します。

サッカー好きの方が喜んでくれると嬉しいです。

ABOUT ME
たけのこ
たけのこ
マンガとゲームとサッカーと美味しいものが大好きです。 マンガの感想と紹介をまとめたページはこちらをご覧ください。