文房具のおはなし

普段使いしたい、個性的なペン先万年筆のススメ。

いまどきの、スマートさんたち、
デジタルもアナログも、
両方のいいとこ取りで、
スマホも手帳も使ってるって人、
どんどん増えてるみたい。

最近になって、
また久しぶりに手書きで文字を書く、
ってことを始めた人のなかには、
書くのが気持ちいい、って話を小耳にはさんで、
万年筆に興味を持ってる人、
いるかなーと思うんだよね。

そこで、立ちふさがる、
自分の字が好きじゃない問題。
(きのこもそのひとり。)

そんな万年筆初心者のあなたに送る、
ちょっと変わった、万年筆の、ススメ。




万年筆に興味があったら……。

万年筆
特殊ニブ
スタブニブ

万年筆ってかっこいい感じがするし、人が万年筆で書いた字を見ると、すごくステキに見える。でも、ちょっと難しそうで、めんどくさそうで、思い切れない。文房具コーナーで、万年筆をチラ見したけど、ぜんっぜん何を選んだらいいかわからない。わーかーる。万年筆のコーナーがある、ちょっといい文房具屋さんに行って、カウンターの中にいる人に話しかければ教えてくれる、教えてくれるけどさ、話しかけられないよね。きのこもずいぶん長く、欲しいなぁと思いながら、手が出せなかったタイプ。
でも、興味があるなら、ぜひ買って!(音量大)
自分のお気に入りのペンがあると、そればっかり使って同じのリピートするとか、そればっかり大事にしちゃうとか、そんなタイプの人は、特に、買って!(音量大)

最初の違いは、ペン先の太さ。

買うにしたって、選べない。わーかーるー。
小さい字で手帳にぎっしり書きたい?それとも、大きめの字でノートとかにラフに書きたい?
前者なら細いペン先、後者なら太いペン先、ぐらいのイメージがあればもう大丈夫。実際に売り場に行くと、細字、とか、太字、とか、もしかして書いてないかもしれないけど、万年筆は、だいたいどのメーカーも、アルファベットで太さを表してる。覚えてなくても大丈夫。参考程度に、PILOTのペン先の一覧でも見てみたら、自分が欲しいペン先の種類のイメージがわくかもしれない。
ちなみにきのこは、「書いてある字が小さすぎて見えない」と言われること幾度の、極端に字が小さいタイプ。ゲルインクのボールペンなら、0.28。pigmentlinerなら0.1。そんなきのこは、EF(極細)から始めて、M(中字)に乗り換えて、B(太字)も使ってみたけど、今はSU(スタブ)ってペン先を偏愛してる。

PILOT よくあるご質問 ペン先の種類を教えてください

イチオシのペン先。

ここで突然出てきた、細字でも太字でもない、スタブってペン先のおはなし。
きのこが偏愛するのは、スタブ、と呼ばれる、やや平べったいペン先の万年筆。これは書いた線が個性的なペン。文字を書くと、細い部分と太い部分があって、メリハリがついた、とても雰囲気のいい文字に見える。
文字を書くのはキライじゃないけど、自分の字が好きなれない。へにゃっとしていて、いわゆるアジのある感じでもない、ぁぁ、がっかり、って自分の字を見てなってたきのこなんだけど、この平たいペン先で書く文字は、全然違う、自分の字じゃないみたいで、書くたびにワクワクする。それからは、手帳やメモだけじゃなくて、銀行や役所に出す書類を記入するのも、万年筆。銀行の書類って、銀行員さんに見守られながら書かなくちゃいけないこと、多いでしょ?「うわぁ、字ぃヘタで恥ずかしいわぁ、もう」って気持ちも、いまはちょっとラクになったよ。銀行員さんに「わっ、万年筆ですか、ステキですね」と言われたことも、一度や二度じゃないんだ。ふふっ。

万年筆
スタブニブ

オススメしたい、万年筆。

そんな、スタブ偏愛まん、きのこのオススメする万年筆は、この2本。どちらも、毎日ゴリゴリ使ってる、だいのお気に入り。

TWSBI クラシック スタブ1.1

万年筆
TWSBI クラシック
スタブ1.1

TWSBIは今文房具がアツい、台湾のメーカー。持つ部分(軸)が透明なものが多くて、インクと万年筆を存分に楽しむファンがたくさんいる。いまのきのこのスタメン。PRERAを2年ほど使ってみて、あとほんのちょっと、コンパクトに書き込めるスタブニブを探して選んだのがこれ。PRERAよりもやや線の縦横比が穏やかなぶん、小さい文字もゴリゴリ書ける。ほぼ日手帳の方眼サイズに、きっちりと、書き込める。お値段はPRERAよりやや高く、インクカートリッジが使えないので、ボトルインクを用意する必要がある。手間が、楽しい。お値段半額ぐらいのTWSBI ECOっていう選択肢もある。

created by Rinker
TWSBI
¥5,500 (2021/10/21 18:41:05時点 Amazon調べ-詳細)

PILOT PRERA色彩逢い CM(カリグラフィ)

万年筆
PILOT
PRERA 色彩逢い
CM(カリグラフィ)

きのこ、はじめての、平たいペン先万年筆。カリグラフィ、となってるけど、要するに、ペン先が平たいペン、スタブとは仲間。TWSBIを買うまでは、これ1本で何でも書いてた。ペン先が完全に平べったくて、縦横の線幅の差も大きくて、じつに尖った、個性的な字が書ける。書類のサインとか、宛名書きなんかには威力を発揮する。お値段が手頃で、わりとどこでも手に入るPILOTのインクカートリッジが使えるから、細かいことは気にせず、見た目でインクがなくなったら、カートリッジを変えればいい。機能的。ボトルインクを使うためのカートリッジも付属してるから、ボトルインクも楽しめる。

***********

いきなり数千円、1万円超えは無理だわぁ、という方。それはそうです。きのこだって、最初からこんな高いの使ってなかったもんね。まず自分が万年筆とやらと付き合えるかどうか、試してみないことにはね。
今は安くて、使いやすい、とてもかわいい、万年筆がいっぱいあるから、「見た目とペン先の太さが気に入ったもの」を1本買って、まず使ってみるっていうのも、実にかしこな選択です。
おいでませ、万年筆の世界へ。

ABOUT ME
きのこ
きのこ
本と映画とゲームとフィギュアと雑貨と……とにかくいろんなものが好き。 植物もちょっと育てます。 日常的なことは、おもにTwitterでつぶやいてます。