映画・ドラマのおはなし

個性派俳優、ダグ・ジョーンズ。

きのこです。

きのこは映画がだいすき。
今日は俳優さんのおはなしね。

きのこには最愛の、
スーツアクターさんがいます。

ダグ・ジョーンズ。
(厳密にいえば、スーツ専門じゃない、俳優さん)

名前だけ聞いて、お顔が浮かぶ人は、
ごくごく、稀かと思います。

ただ、けっこう、見られてます。
けっこう、話題になったこともありました。

『シェイプ・オブ・ウォーター』の、
魚人の「彼」を演じたのが、
ダグ・ジョーンズです。

『シェイプ・オブ・ウォーター』を見た方、
最初は「彼」の見た目に抵抗感しかなかったのに、
途中から、
あれ、なんかちょっと見慣れてきたかな、
あれ、なんかちょっと、いい人っぽく見えてきた、
……ぇ、やだ、なんか、色気……?
って、なったでしょう。

ダグ・ジョーンズは、パントマイムの人、
言葉を介さず演技することを得意としています。
人並外れたスタイル、手足の長さ、首の長さ、を駆使して、
仕草や立ち振る舞いで、見る側に訴えかけてきます。

そのためでしょうね、
ダグ・ジョーンズはキャリアのなかでも、
様々なスーツを着ての役が目立ちます。
とくに『シェイプ・オブ・ウォーター』の監督、
ギレルモ・デル・トロの作品には、
とても多くの役で出演しています。

なかでも、もっとも、きのこが愛するのは、
『ヘルボーイ』『ヘルボーイ/ゴールデンアーミー』で、
ダグ・ジョーンズが演じた、エイブ・サピエン。

ヘルボーイ/ゴールデンアーミー
エイブ・サピエン
ダグ・ジョーンズ

半魚人です。
『シェイプ……』の「彼」とは別魚人です。

とても知的で、ジョークのセンスもあって、
キャラクターとしてそもそも魅力的なんだけど、
なんといっても、立ち振る舞い!仕草!
手の動き!首の角度!
ぐいぐいと心を鷲掴んでくるそのお姿。

演技の技術的なこととか、
スーツの性能的なこととかはわからないけど、
とにかく、半魚人のスーツを着ていようが、なんだろうが、
その動きは実に個性的で、魅力的。
おおよそどんなスーツを着ていても、
それが彼と知らずに見ても、
きのこは「あれ、これ、ダグ・ジョーンズじゃない?」
と、分かります。(それぐらい好き)

とにかく、個性的な身体の演技。
いろんなタイプの俳優さんがいるけど、
ダグ・ジョーンズは身体でお芝居をする俳優さんです。

出演作品のほとんどは、それほどヒットしてない、
誰もが知ってる作品じゃないんだけど、
最近では、『スタートレック』の新シリーズで、
レギュラーキャラクターをスーツで演じています。

もっとたくさんの映画で見たいよぅ!

この記事に出てきた、
3体のフィギュアは、
きのこの宝物フィギュアです。
ダグキャラフィギュアは可能な限りほしい……。買う……。

ABOUT ME
きのこ
きのこ
本と映画とゲームとフィギュアと雑貨と……とにかくいろんなものが好き。 植物もちょっと育てます。 日常的なことは、おもにTwitterでつぶやいてます。