マンガのおはなし

【待望の】浦沢直樹作品、ついにkindle解禁!【電子書籍化】

数々の名作を生みだしてきた浦沢直樹。
何十年も最前線で活躍してきましたが、今まで電子書籍での配信は全くありませんでした。

『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』『MASTERキートン』紙での販売のみのため、過去の名作は自宅でしか読めません。出先でも読みたい、病院の順番待ちで読みたい。

そう思い続けてきたみなさん。ついに浦沢直樹作品、電子版解禁です!

全作一気に解禁ではないようで、まずは一部の作品。
徐々に増やしていく方針のようですね。

今回解禁されたのは、『YAWARA!』『JIGORO!』『20世紀少年』『21世紀少年』『くしゃみ』『夢印』そして現在連載中の『あさドラ』です。

せっかくなので解禁された作品を順番に紹介していきます。(2021年12月現在)

YAWARA!

浦沢直樹の代表作といえばやはり『YAWARA!』でしょう。幼い頃から祖父・滋悟郎の指導を受けた柔道の天才少女・猪熊柔。目指すはオリンピックの金メダルと国民栄誉賞!と息巻く祖父の思いとは違い、「普通の女の子になりたい」柔がライバルや親友に出会い、恋をしながら少しずつ前向きに柔道に取り組んでいく女子柔道ブームを巻き起こした名作です。

アニメ化もされ、田村亮子選手のニックネームになるほどの知名度。永井真理子が歌う主題歌「ミラクルガール」も大ヒット。女子柔道マンガの金字塔ですね。

JIGORO!

『YAWARA!』の外伝、主人公はタイトル通り祖父・猪熊滋悟郎。頑固でわがままで頭が固い。若かりし頃のおじいちゃんの武勇伝を本人が語る昭和初期の真実?の物語『JIGORO!』は、ファンにはたまらない1冊です。

20世紀少年

世界の滅亡を企む怪しげな新興宗教の教祖・ともだち、見覚えのあるシンボルマーク、子供の頃に書いた「よげんの書」、秘密基地を作った仲間たち、姉が置いて行った姪。すべてが少しずつ繋がっていて謎が謎を呼ぶ多数の事件の数々。

発売と同時に大ヒット、大ブームを巻き起こした『20世紀少年』は最高に面白かったんですけどね……。

21世紀少年

『20世紀少年』の続編として描かれたその後の話『21世紀少年』では、本当の結末と「ともだち」の正体が明かされます。明かされるんですけどね……。

くしゃみ

浦沢直樹短編集『くしゃみ』は1995年から2018年までの短編を集め、旅日記のようなものも収録されている。あまり短編を描いてない人なので貴重です。

夢印

『夢印』は変な日本語、フランスかぶれ、上から目線のウンチク語りのイヤミを浦沢直樹が描いた作品で、ミステリー風だけど笑いもある、1巻完結作品を2冊に分冊した特別版です。

あさドラ

1959年の名古屋が舞台。東京オリンピックの5年前、伊勢湾台風の直撃。12歳の少女・朝田アサと謎の巨大生物の影。どんな物語になるのかなかなか全貌が明らかにならない『あさドラ』は現在連載中の最新作です。

今後の解禁予定

今のところ、電子書籍の解禁は以上となっています。徐々に解禁される予定のようで、次回の解禁は2月末。大人気ミステリー『MONSTER』と『描いて描いて描きまくる』が予定されているようです。

『パイナップルARMY』『MASTERキートン』はまだ予定されていないようで残念ですが、順次解禁予定のようですので楽しみに待っていましょう!

ABOUT ME
たけのこ
たけのこ
マンガとゲームとサッカーと美味しいものが大好きです。 マンガの感想と紹介をまとめたページはこちらをご覧ください。